レーシックイメージ

レーシック後のカラコンはできる限り使用を控えたほうがいいです

数年前にレーシックの手術を受けました。
レーシック手術の流れ←についても参考にご覧ください。
今はすっかり視力も健常者のレベルに戻っていますが、知り合いでレーシックを受けた人がカラコンの利用を医師から止められたという話を聞きました。
まずこの手術を受けますと確かに角膜の形が変わるので、ハードコンタクトのようなもので上から押さえ込むことをしてしまうとせっかくもどった視力に影響がでることは確実にあるようなのでハードコンタクトは簡単には装着できなくなるようです。
一方ソフトコンタクトであれば術後一定期間を過ぎれば利用可としているところもあるようですが、目に負担をかけるという点では決して推奨できるようなものではないそうで、しかも毎日利用するのはかなりリスクが高くなるようです。
今やカラコンも正規の規制を受けたものであれば安全であるとは言われていますが、やはり長時間つけないとか、裸眼でいる時間をしっかり設ける、また寝る前ははずすといったことが重要になるようです。
また商品によってはやはり視力を低下させる原因になるものもあるようですので、本来、せっかく視力回復したのであれば、また視力が低下するようなことを引き起こす可能性があるものを積極的に使う必要はないのではないかと私は思っています。
確実に視力が回復して、めがねやコンタクトの利用から開放されたときの開放感と喜びは一生忘れることができません。
それに比べればファッション性のためだけにカラコンを入れるというのは本来の目の機能から考えればまったく意味のないことであり、回復した視力を保つほうに全力をあげることのほうがよほど重要ではないかと思っています。
このレーシックによる視力回復は必ずしも一生回復した視力が続くわけではないとも言われています。
つまり目のユーザーである個々人が視力をできるだけ維持するために相当な努力をしていくことが必要になるのです。
そういう視点で考えればなにも高いお金を出してレーシックの手術後カラコンを利用する必要もないのではないあkと思います。
本来正常な視力の目がもっとも魅力的で意味のあるものだと私は思っています。
安易な発想でファッションというだけの意味合いからこうしたものを使って視力に影響を与えてしまうのは実にもったいないことではないかと思います。
もちろん利用しても大丈夫なものもあるようですが、苦労してレーシックで視力を回復された経験をされた方なら視力を維持することがどれだけ重要かはきっとわかるはずです。
レーシックのリスクもきちんと理解した上で手術を行いましょう。

Copyright(C) 2014 eye.com All Rights Reserved.